Language | 文字サイズ  S M L
  • TOP
  • 展覧会

特別展「デ・キリコ展」 2024年9月14日(土曜) ~ 2024年12月8日(日曜)

2024年9月14日(土曜)~ 開催予定

開催概要

イタリア人の両親のもとギリシャで生を受けたジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。1910年頃から、簡潔明瞭な構成で広場や室内を描きながらも、歪んだ遠近法、一見すると脈絡のないモティーフの配置、幻想的な雰囲気によって、日常の奥に潜む非日常を表した絵画を描き始めます。後に「形而上けいじじょう絵画」と名付けた1910年代の作品は、サルバドール・ダリやルネ・マグリットといったシュルレアリスムの画家をはじめ、数多くの芸術家に衝撃を与えました。1919年以降は伝統的な絵画技法に興味を抱くようになり、古典絵画の様式へと回帰していきます。それと同時に以前の形而上絵画の題材を取り上げた作品も頻繁に制作するなど、90歳で亡くなるまで創作を続けました。

本展はデ・キリコのおよそ70年にわたる画業を「イタリア広場」「形而上的室内」「マヌカン」などのテーマに分け、初期から晩年までの絵画を余すところなく紹介。さらに彼が手掛けた彫刻や舞台美術も展示する、日本ではかつてない規模の回顧展です。デ・キリコ芸術の全体像に迫り、その唯一無二の表現力を堪能できるまたとない機会となるでしょう。
会期
2024年9月14日(土曜)~12月8日(日曜)
休館日
月曜日、9月17日(火曜)、9月24日(火曜)、10月15日(火曜)、11月5日(火曜)
(ただし9月16日[月曜・祝]、9月23日[月曜・振休]、10月14日[月曜・祝]、11月4日[月曜・振休]は開館)
入場料
一般 2,000 円(1,800 円) 大学生 1,000 円(900 円) 高校生以下無料
※( )内は通常前売券、ならびに20名以上の団体料金。
※高校生以下の方は、学生証・生徒手帳などをご提示ください。
※神戸市在住で満 65 歳以上の方は、当館券売窓口にて証明書の提示で当日一般料金が半額。
※障害のある方は障害者手帳等の提示で無料。

■特別チケット(一般のみ)
・前売ペア券 3,400円
 2枚一組。1枚ずつの使用も可能です。

■【数量限定】前売9月限定券 1,500円
2024年9月14日(土)から9月29日(日)の期間のみ入場できます。(10月以降は入場不可)

■前売券販売期間
2024年6月22日(土)10:00~9月13日(金)23:59

販売場所:
公式オンラインチケット https://www.e-tix.jp/dechirico_kobe/

ローソンチケット(Lコード:53100) https://l-tike.com/dechirico/kobe/
 
チケットぴあ(Pコード:686-940) https://w.pia.jp/t/dechirico/
 
イープラス  https://eplus.jp/dechirico-kobe/
 
セブンチケット(セブンコード:106-694)  https://7ticket.jp/s/106694
 
楽天チケット  https://r-t.jp/dechirico-o

CNプレイガイド  https://www.cnplayguide.com/dechirico/

アソビュー!  https://www.asoview.com/channel/tickets/CboPnuVKcI/

近鉄駅営業所

チケットポート なんば
主催
神戸市立博物館、朝日新聞社、関西テレビ放送
後援
イタリア大使館
特別協賛
大和証券グループ
協賛
大和ハウス工業、NISSHA
企画協力
ジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団、メタモルフォジ財団
特別協力
イタリア文化会館-大阪
協力
日本航空、日本貨物航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ITAエアウェイズ
展覧会公式HP
https://dechirico.exhibit.jp/

神戸会場HP
https://www.ktv.jp/event/dechirico//

展覧会の構成と主な出品作品

第一章 自画像・肖像

デ・キリコが生涯にわたって取り組んできた自画像は、自らの画家としての立場を表明する重要な主題でした。自画像の中で彼は、古風な出で立ちで自己を演出するばかりではなく、西洋絵画の伝統的なマチエールを意識した表現技法を披露しています。

《17世紀の衣装をまとった公園での自画像》
1959年、油彩・カンヴァス
ジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団

© Fondazione Giorgio e Isa de Chirico, Roma
© Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

第二章 形而上絵画

デ・キリコは1910年代に歪んだ遠近法や脈絡のないモティーフの配置、幻想的な雰囲気によって日常の奥に潜む非日常や神秘、謎を表した革新的な絵画を描き始めます。ニーチェの哲学に影響を受けたその作品群に、後に自ら「形而上絵画」と名付けました。それらはシュルレアリストなど多くの芸術家に刺激をあたえました。

《バラ色の塔のあるイタリア広場》
1934年頃、油彩・カンヴァス
トレント・エ・ロヴェレート近現代美術館(L.F.コレクションより長期貸与)

© Archivio Fotografico e Mediateca Mart
© Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

《予言者》
1914-15年、油彩・カンヴァス
ニューヨーク近代美術館(James Thrall Soby Bequest)
© Digital image, The Museum of Modern Art, New York / Scala, Firenze
© Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

第三章 1920年代の展開

1920年代、デ・キリコは従来のマヌカンに加え、「室内風景と谷間の家具」「剣闘士」などの新たな主題にも取り組みます。海や 神殿、山々など、本来は外にあるはずのものが天井の低い部屋の中にあります。逆に屋内にあるべき家具が外に置かれており、ちぐはぐで不穏なイメージを作り出しています。

《緑の雨戸のある家》
1925-26年、油彩・カンヴァス
個人蔵

© Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

第四章 伝統的な絵画への回帰:「秩序への回帰」から「ネオ・バロック」へ

デ・キリコは1920年ごろから、ティツィアーノやラファエロ、デューラーといったルネサンス期の作品に、次いで1940年代にルーベンスやヴァトーなどに加えて、19世紀フランスの新古典主義などの作品に傾倒し、伝統的絵画表現へと回帰していきます。過去の巨匠たちの傑作を研究し、これらを強く意識した作品を描くようになります。

《風景の中で水浴する女たちと赤い布》
1945年、油彩・カンヴァス
ジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団

© Fondazione Giorgio e Isa de Chirico, Roma
© Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

第五章 新形而上絵画

1978年に亡くなるまでの10年余りの時期にデ・キリコは、あらためて形而上絵画に取り組みます。それらは「新形而上絵画」と呼ばれ、若い頃に描いた広場やマヌカン、室内風景などに新しい要素を画面上で融合し、過去の作品を再解釈した新しい境地に到達します。

《オデュッセウスの帰還》
1968年、油彩・カンヴァス
ジョルジョ・エ・イーザ・デ・キリコ財団

© Fondazione Giorgio e Isa de Chirico, Roma
© Giorgio de Chirico, by SIAE 2024

広報用画像に関するお問い合せ

「デ・キリコ展」神戸 広報事務局
E-MAIL : dechirico-kobe@nenelaco.com
TEL :06-6225-7885 FAX :06-7635-7587
〒531-0072 大阪市北区豊崎3-15-5 TKビル
※平日 10:00~17:00(土日祝日のお問合せは翌営業日に対応いたします)
  • TOP
  • 展覧会