Language | 文字サイズ  S M L

木曽路名所一覧

膨大な数の錦絵を手がける一方、葛飾北斎には地図作者としての側面もありました。少なくとも4種類の鳥瞰図、「東海道名所一覧」「唐土名所の絵」「総房海陸勝景奇覧」そしてこの「木曽路名所一覧」が確認されます。起点である江戸は左下隅に位置し、街道は、実際の地理的状況を全く無視した形で複雑な屈曲を繰り返して、終点である京都に向かいます。

【古地図】【江戸の絵画】
名称 木曽路名所一覧 きそじめいしょいちらん
作者名 葛飾北斎 かつしかほくさい (1760-1849)
時代 江戸時代、文政2年/1819年
材質 大広奉書全判、紙本木版色摺
サイズ 41.9×56.5
員数 1舗
その他の情報 南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:
・国木田明子「館蔵古地図の袋について-書林情報を中心に袋からわかる事-」(『神戸市立博物館研究紀要』第26号) 2010
指定区分
分野 歴史資料/書跡・典籍/古文書・絵図・地図