Language | 文字サイズ  S M L

大明省図

四枚一組の巨大な中国全図。よくみると西方の陜西・四川省、南方の雲南省は完全には描かれていません。また「大明省図」としながら、行政区の「省」を「道」におきかえています。本図とほぼ同規模、同内容のものが数点知られていますが、枚方市久修園院蔵の図は由来が記されていることで著名です。それによると江戸時代初期に日本に伝わり、幕府が秘蔵していた中国図を、元禄4年(1691)に模写したものといいます。本図もそのころ(元禄期)の作成と思われます。地名・山川・寺など詳細に記され、その大きさとともに、わが国江戸時代を代表する中国図です。

【古地図】
名称 大明省図 だいみんしょうず
作者名 不明 
時代 江戸時代、元禄年間か/1688〜1704年か
材質 手書手彩
サイズ 737.8×694.8
員数 4舗
その他の情報 南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:
指定区分
分野 歴史資料・絵図・地図