Language | 文字サイズ  S M L

日本輿地図藁

伊能忠敬(1745-1818)は全国測量の半ばである文化6年に、幕府の命令により北海道を除く日本全域を一葉のもとに描く仮製日本全図を作成しました。海岸線のうち、実測部は朱線、未実測は黒線と明確に区分しています。未測量の九州は従前の処置図を参考にしたため、多くの地名が記載されていますが奇妙に細長く描かれています。

【古地図】
名称 日本輿地図藁 にほんよちずこう
作者名 伊能忠敬 日官高橋景保謹識 いのうただたか (1745-1818)
時代 江戸時代、文化6年/1809年
材質 手書手彩
サイズ
員数 1鋪
その他の情報 南波松太郎コレクション

来歴:南波松太郎→1983神戸市立博物館

参考文献:
・赤木康司「『伊能図』に関する若干の考察」(『神戸市立博物館研究紀要』第10号) 1993
指定区分
分野 歴史資料・絵図・地図