Language | 文字サイズ  S M L

世界の舞台

A.オルテリウスはアントウェルペンで活躍した地図製作者。本書は近代地図帳の嚆矢で、大人気を博し1570年の初版以来1612年まで情報を更新しながらヨーロッパ諸国語の40数版が出されました。その一冊は天正遣欧少年使節によって日本にもたらされ、わが国に大航海時代の世界像を広めました。地図帳には世界図からはじまる53図幅70図の各地地図を含みます。オーストラリアはなく、南半球の巨大な陸地が目をひきます。

【古地図】
名称 世界の舞台 せかいのぶたい
作者名 A.オルテリウス  (1527-1598)
時代 /1570年
材質 銅版手彩
サイズ 41.0×28.5
員数 1冊
その他の情報

来歴:1991神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・Colneris Koeman:The History of Abraham Ortelus and his Theatrum Orbis Terrarum, Sequoia S.A.Lausanne 1964(邦訳:長谷川孝治訳 『近代地図帳の誕生』臨川書店 1997)
指定区分
分野 歴史資料/書跡・典籍/古文書・絵図・地図