Language | 文字サイズ  S M L

イラストレイテッド・ロンドンニュース1868年3月28日号

19 世紀半ばからロンドンで発行された絵入りの週刊新聞『イラストレイテッド・ロンドンニュース』の1868年3月28日号です。

この日の記事では、1868 年1月1日(慶応3年12月7日)の神戸開港の様子が、精緻な挿絵とともに紹介されています。挿絵のもとになったのは、イギリスの海軍士官F. J. パーマーの描いたスケッチです。

上の挿絵の白い部分が造成中の外国人居留地で、その右端の建物は運上所(後の税関)です。それ以外の建物は見えません。下の挿絵の白い部分も外国人居留地で、右手遠方(西方)に湊川砲台・和田岬砲台が描かれています。
記事は、外国人居留地の土地の区画が済んだことや、神戸、兵庫の町の景観、開港のセレモニーの様子を伝えています。開港当日にはアメリカ船とイギリス船が21発の祝砲を放ち、神戸開港を記念したといいます。ここに神戸は、開港準備を進めてきた兵庫奉行の柴田剛中のもとで、幕府の手によって開港されました。

【開国・開港】
名称 イラストレイテッド・ロンドンニュース1868年3月28日号 いらすとれいてっど・ろんどんにゅーす
作者名  
時代 /1868年
材質 木口木版
サイズ 41.5×29.8
員数 1点
その他の情報

来歴:1990神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・神戸市立博物館特別展『居留地返還100周年記念 神戸・横浜”開化物語”』図録 1999
指定区分
分野 歴史資料・文書・書籍